医療機器に関連したお悩み、医療機器の操作や点検業務など日常業務に不安を抱えている医療従事者の方へ

JHATに登録しようと思います。

JHATとは透析医療における災害時情報網をさらに拡大し、縦横無尽の情報共有と支援活動を目指し「日本災害時透析医療協働支援チーム:JHAT(Japan Hemodialysis Assistance Team in disaster)」です。

構成団体の中心は日本臨床工学技士会、日本腎不全看護学会、日本血液浄化技術学会、日本透析医会の4団体です。

現在隊員数は400名程度いらっしゃるとのことで、透析医療における災害時の人的支援や情報コーディネーターを担う存在です。以前から興味があったのですが、平成28年の熊本地震や令和元年の人吉水害など私の住んでいる近隣県でも多くの被害が発生しています。

自己責任の活動にはなりますが、被災された方々や透析医療に携わる仲間のために少しでも力になれればと思いました。

研修は1/23(日)開催で机上訓練等もあるようです。

隊員登録に際して5年以上の透析従事経験などいくつか条件があるようですので確認してみるといいかもしれません。

興味のあることはなんでもTryしてみようと思います。

  • URLをコピーしました!

CE-WORKS 代表 中村隆志

臨床工学技士になり18年目となりました。
認定資格と臨床経験を生かして、鹿児島県内で臨床工学技士のフリーランス事業を展開しています。小さなことからコツコツと。
便利屋中村がんばります('ω')ノ

目次
閉じる